新着情報

株式会社トンボ飲料、食品安全マネジメントシステム規格FSSC22000の認証を取得。海外事業の展開も視野に

ニュースリリース

2013年12月20日

画像

清涼飲料の製造販売ならびに美容・健康飲料の受託製造を手がける株式会社トンボ飲料(本社:富山県富山市、代表取締役社長:翠田章男)は、2013年12月13日に食品安全システム規格FSSC22000の認証を取得しましたので、お知らせします。

FSSC(Food Safety System Certification)22000は、食品安全マネジメントシステムの国際規格であるISO22000と、それを発展させたイギリスの規格PAS220を統合し、国際食品安全イニシアチブ(GFSI)が制定したベンチマーク認証規格です。FSSC22000の認証は、世界の著名な大手食品小売業者や大手食品メーカーの食品安全の指標となっており、認証取得企業は食品安全マネジメントシステムの有効性を世界に向けてアピールできます。

弊社では会社方針に食品安全ならびに品質方針を掲げ、お客様に満足していただける安全・安心な製品作りのために、日々の品質管理を確実に実行するべく努めております。これまではその取り組みのためのツールとして、ISO9001の認証をベースにISO22000の認証を取得(2011年7月)しておりましたが、昨今ではFSSC22000を取得していることを取引条件とするグローバル企業・流通業界系企業も増えつつありました。弊社はそのような認証取得要請に応えるとともに、より一層の食品の品質を担保するためFSSC22000の導入を決定。昨年11月より認証取得に向けて取り組んだ結果、このたび認証を正式に取得した次第です。

また、弊社はFSSC2200の認証取得を機に、営業部内に広域営業課を創設しました。主として海外での自社商品、受託生産の展開が目的で、現在、受託生産については、小瓶ドリンク(20ml〜120ml)、スティックゼリー(10g〜20g)などについて、設計開発段階からのご相談をいただいております。

弊社は今後、海外事業の展開、拡大も視野に入れつつ、より高いレベルでの食品安全システムで製品を生産しお届けして参ります。

FSSC22000認証に関する詳細

認証登録番号
1216138004
登録組織
株式会社トンボ飲料
認証登録日
2013年12月13日
認証範囲
清涼飲料(ビン、ボトル缶、パウチ、スティック)、生菓子(ゼリー)の製造

本件に関するお問い合わせ

株式会社トンボ飲料/社長室 翠田 琢志 まで
〒930-0813富山県富山市下赤江町1-6-34
Tel:076-441-4456(代表) Fax:076-431-0264

Url:http://www.tombow-b.jp

補足資料

株式会社トンボ飲料 会社方針(食品安全/品質方針)

お客様が満足する商品を作ること。
そのためには、従業員の衛生意識と衛生管理技術と情報共有力を高め、食品安全を保証する有効なシステムを作るとともに、固有の専門技術により、お客様の期待を上回る品質を実現させること。

会社概要

会社名
株式会社トンボ飲料
所在地
富山県富山市下赤江町1-6-34
創業
1896年(明治29年)5月
設立
1962年(昭和37年)10月
資本金
6,000万円
代表者
代表取締役社長 翠田 章男(みすた あきお)
営業品目
清涼飲料、乳酸製品、菓子の製造販売
健康飲料、健康食品の製造販売および受託製造



トップへ戻る